秋田スバル「健康宣言」akita subaru csr

「当社は、社員とそのご家族の心身の健康を第一に考え、生き生きと働ける職場環境づくりに努め、
スバルに関わる全ての人々に愛される企業を目指します」

令和3年4月1日
秋田スバル自動車株式会社
代表取締役社長 阿部 守

健康経営方針

持続可能な会社であるためには、何より従業員とそのご家族の健康を第一と考え、働きやすい環境を構築すべく一人ひとりの健康に着目し、健康経営に取り組みます。また、従業員自身が健康について向き合い、より豊かな生活を送れるよう健康習慣の定着を目指します。

重点取組事項

1.社員一人ひとりの健康のために

■毎朝のラジオ体操の実施
■感染予防対策
  • 新型コロナウイルスワクチン接種(推奨、特別休暇有り)
  • インフルエンザ予防接種(推奨、補助有り)
  • 全店空気清浄機導入
  • 全店、全部署アルコール消毒液配備
  • 全店検温器導入
■定期健診100%受診と再検査受診率の向上
■ストレスチェックの実施

2.生き生きと働ける環境整備

  • 完全週休2日制(2021年4月1日より)
  • 時間外労働の削減
  • サークル活動への参加推進

健康経営組織体制

健康経営組織体制

健康診断の結果

年度 健康診断受診率 要精検受診率 メタボ率 メタボ予備軍 喫煙率
2017年度 100% 80% 5.9% 6.8% 54.3%
2018年度 100% 56% 13.1% 23.0% 52.6%
2019年度 100% 50% 19.7% 10.6% 49.6%
2020年度 100% 43% 17.2% 10.9% 49.5%

2020年度は前年度と比較し、喫煙率が改善されたが全国平均18.3%、秋田県平均20.6%と乖離がある。
また、メタボ率が減少したもののメタボ予備軍が増加し、生活習慣の見直しや食生活改善が課題となる。
健康診断の受診率は、100%を維持しているものの要精検受診率が低く課題となる。

第三者評価

  • 健康保険組合連合会秋田連合会より健康経営宣言認定
  • 「健康経営優良法人2021中小規模法人部門)」認定

健康経営優良法人2021